2008年09月10日

Photosynth_オブジェクト編

うちの近くの池上本門寺でPhotosynthを想定して撮影してみました。
注)現在Macでは再生できません。
まずはこれ↓

これがPhotosynthを使った表現に一番フィットした作品だと思う。
寄ってObjectVR風に撮影した写真群と引いた写真群とを同時にアップしてみた。
すると見事に力道山の銅像を認識してくれた。
スペースバーを叩いていくと画像がどんどん切り替わっていくので、試してみて欲しい。
写真枚数43枚


これは50mmのマクロレンズでわざと一点にピントを合わせて、手前をぼかした状態でのObjectVR風作品。
かなり細かく撮影してみた。アート風?
写真枚数45枚


これも基本的には同じだが、繋がり方がちょっと違う。
写真枚数60枚

このように同じような撮り方をしても、必ずしもファイル名順に見せてくれる訳ではないので、自分でコントロールできない。
あくまでも向こう(マイクロソフト?)まかせだと思う(多分)。

協力して頂いた力道山様に感謝いたします
次パノラマ編をアップします。
注)キーボードの「P」キーを押すと3D化します。


posted by カゲヤマ at 16:30| Comment(2) | Photosynth | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kageyamaさん、はじめまして。hagitanと申します。

Photosynthを想定して撮ると、点で3Dが表現されて面白いですね。

全自動なのに三次元の認識ができて、普通のステッチの認識もそれなりにできて、すごいとおもうのですが、逆に手動ができないのが難しいですね。
Posted by hagitan at 2008年09月12日 00:17
hagitanさん、はじめまして。
何度かブログ拝見させて頂いてます。

そうですね、せめてファイル名順でも良いのですが。。。
Ptguiではきっちり繋がるのに・・・と思います。

どう撮影すれば良い感じに仕上がるのかは、数こなしてみないと分からないですね。

Posted by kageyama at 2008年09月12日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。