2009年06月24日

マニ車型雲台製作

またまた最近忙しくて・・・久々の更新です。
HX1でノーダルポイントが合った、しかも手持ちで撮れるように出来ないかと思い、作ってみました。
ワイヤーで下から引っ張るというのも作ってみたのですが、上手く回すことができませんでした。
そこで身近にあった使用済みの50枚入りCDケースを女房と眺めていると、「これを回せばいいんじゃね?」ということになり、ぎりぎりノーダルポイントがケースの中心に来そうなので一気に作ってしまいました。
その形からチベット仏教の仏具である「マニ車」に似ていたので『マニグリップ』と名付けました。
これを使えば近距離でもガタつかずに撮影できます。
ベアリングが入っているので、非常にスムーズに回転します。
制作費用はおよそ1400円位(クイックシュー・小ネジは除く)、ベアリングなしであれば200円以下で作れちゃいます。
まだ横位置仕様ですが、縦位置でも撮れるようにしてみようと思います。
あと『パノラマ画角早わかりカード』も作りました。
これがあればおおよその写る範囲が分かるので、何度も撮り直しをしなくて済みます。

IMG_2507.JPG IMG_2508.JPG

IMG_2917.JPG


マニグリップで撮影した作品はこちらから。




posted by カゲヤマ at 00:39| Comment(2) | Cyber-shot DSC-HX1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろ工夫しておられますね。
このマニグリップは、特許を取って売れば、大ヒット間違いなしです!
Posted by 赤塚 洋 at 2009年06月27日 08:23
そうですか!
ありがとうございます!!
マニ車型はまだまだ進化しないといけません。
このままでは大柄すぎるので、持ち運ぶのが億劫になってしまいます。
Posted by kageyama at 2009年06月27日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。