2008年04月20日

RoundShotD3

先日よしみカメラさんとのご協力により、RoundShotD3というパノラマカメラのテストシューティングをする機会がありました。

パノラマの画像をダイレクトにタブレットPCに取り込む事が出来るカメラです。

従来からのやり方だと、バラバラの写真を取り込んで繋ぎ合わせるという手法ですが、これは繋がった状態の画像ですから、後で繋ぐ作業が全く必要ありません。

おまけに条件が良ければ一周約二秒(50mmレンズ時)で撮影できます。

実際撮ってみると常に二秒ではないですが、一枚一枚撮っていくより遥かにスムーズに撮影が出来ます。

総画素数は38mmレンズ&360度の場合約2億1000万画素、ファイルサイズは約615MB(8Bit/TIFF)で、PCでの扱いが大変(笑)です。

画像が繋がった状態でPCで見えるので、いままで勘で決めていたアングルや、モノの配置等がPCの画面で確認する事ができます。

まだ未知な部分もありますが、コマーシャル用途等で使えると思います。

RSD3_1.jpg RSD3_3.jpg RSD3_2.jpg RSD3_4.jpg RSD3_5.jpg

posted by カゲヤマ at 23:53| Comment(2) | RoundshotD3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
約2億1000万画素!
驚異的な画素数です。
PCで取り扱える限界ですね。
Posted by 赤塚 洋 at 2008年04月26日 20:40
いつも使っている5Dで生成されるパノラマは、7000万画素前後です。
しかしこれだけの大きさになると扱いが大変でした。
おまけに普段は使わないDNGファイルだったので、なおさら・・・。
タブレットPCはCore2Duoでした。

Posted by kageyama at 2008年04月28日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。